失敗しない優良会社・外壁塗装のおすすめ業者見積もり比較

menu
メイン画像

当サイトでは壁の塗り替えをお考えの方のためにお役立ち情報を提供しています。家の外壁塗装は生涯に何度も行うことではないので、外壁塗装を検討していても費用相場を把握していない方がほとんどです。そのため、訪問営業などで悪徳業者に騙される確率が高いのも事実です。では、外壁塗装工事で悪徳業者に騙されずに、適切な価格で工事をするためにはどんな点に注意すればよいのでしょうか?外壁塗装を検討している方が行うべきことをみてみましょう。

壁を塗り替える前に確認すべきこと

チェック画像契約前に納得できる金額かもう一度確認を!

トラブルに巻き込まれないためにも、契約書にサインをする前に、契約書に書かれた金額に納得できるかどうかを再確認するようにしましょう。

チェック画像見積もり書と契約書の両方をじっくり比較!

見積書と契約書の両方をじっくり比較し、少しでも納得できない部分があるなら、契約をする前に納得できるよう説明を求めるようにしましょう。

チェック画像工事後の保証内容は?

保証期間や保証内容は具体的な質問をしながら確認しましょう。たとえば工事期間が遅れた場合の保証や、工事後に欠陥が見つかった場合の対処方法、工事不良はどの程度の保証があるか、などは把握しておく必要あります。

 

外壁塗装工事はトラブルが起きやすいため、トラブルの事例を把握しておくことはとても大切です。たとえば見積金額と異なる追加の費用請求書が来た、というトラブルは良くあります。このようなトラブルに巻き込まれないためにも、契約書にサインをする前に、契約書に書かれた金額に納得できるかどうかを再確認するようにしましょう。値引き率が以上に高い業者は元値を高く設定している悪徳業者かもしれません。また、営業成績を上げるために契約を急かしてくる業者にも注意が必要です。

見積書と契約書の両方をじっくり比較し、少しでも納得できない部分があるなら、契約をする前に納得できるよう説明を求めるようにしましょう。それに加え、工事後の保証内容の確認も外せません。保証期間や保証内容は具体的な質問をしながら確認しましょう。たとえば工事期間が遅れた場合の保証や、工事後に欠陥が見つかった場合の対処方法、工事不良はどの程度の保証があるか、などは把握しておく必要あります。さらに契約をする前に、業者側とクーリングオフ制度の内容について確認しておくようにしましょう。クーリングオフ制度を適用するためには、書面で契約を交わす必要があるので、前もって確認することでトラブルの回避につながります。

【価格は適正か】塗装の手順と大変さを知ろう

外壁塗装の工程は、工事に必要となる期間が分かりづらいため、塗装前に心配される方も少なくありません。ですから、外壁塗装を検討しているなら外壁塗装の工程手順を把握しておくことは助けになるでしょう。では、外壁塗装の工事はどのような流れで進むのでしょうか?まず工事初日はご近所へ外壁塗装を行うお知らせと挨拶をします。外壁塗装は近隣へ塗料が飛び散ったり、独特のニオイがするので、ご近所トラブルを予防するための大切なものです。個人で行うこともできますが、優良な業者なら業者側から挨拶回りをしてくれます。挨拶後、足場の設置を行います。

足場に必要な材料を運んで組み立て、養生やメッシュシートなどを設置します。続いて塗装前の洗浄工程に入ります。1日~3日間かけて高圧洗浄などの下地処理を行います。洗浄後は乾燥期間も必要となります。劣化が進んでいるなら下地処理に数日かかることもあります。下準備が完了するといよいよ塗装作業です。塗装は下塗り、中塗り、上塗りと3回塗ることが基本です。どの工程もしっかり乾いてから次の工程へと進むので各工程に少なくとも1日はかかるでしょう。塗装作業が終わったら、塗り残しやムラの点検を1日かけて行います。それには朝昼夜とそれぞれの光具合から塗りのチェックも含まれます。作業が完璧に終わると、片付けと足場の解体・撤去に入ります。

順調に進んでも最低10日間、建物の状況や天候の影響により期間が延長する可能性もあります。ですから、1週間で完了させます、と謳っている業者は工程を手抜きすることが予想されますので、騙されないように注意しましょう。

相見積もりは面倒でもやったほうが良い

「相見積もり」とは、同じ条件のもと複数の外壁塗装業者に見積もりをしてもらうことです。近年、外壁塗装を行うために、相見積もりをすることが常識となりつつあります。各業者ごとで見積もりの計算方法や計算単価が異なるため、同じ条件だとしても異なる見積もり予算額が提案されます。もし1つの業者だけに見積もりを依頼しても、その金額が安いのか高いのか素人にはよく分からないのが事実です。しかし、複数の業者に相見積もりをすることで、おおよその費用相場が分かります。

また、各業者の見積もり費用に加え、サービス内容や工事に必要とする期間、いつか工事を着工できるかなども比較することが可能となっています。相見積もりは金額の不正防止にもなり、金額の公正さを確認するために方法としても評判となっています。それにより訪問営業などで突然くる悪徳業者に騙される確率を低めることも出来ています。外装塗装を検討している方の中には、依頼する業者を近所の業者や知り合いなどに紹介された業者を選ぶという方も少なくありません。もちろんそのような業者を選ぶこともできますが、必ずしも優良な業者で適正価格で工事をしてくれるとは限りません。ですから、面倒でも複数の業者へ相見積もりを行い、納得のいく適切な価格で外壁塗装を行うようにしましょう。

外壁塗装の見積もりをしておいて助かったこと

チェック画像外壁塗装の適切な相場が分かる

外壁塗装の相見積もりすれば、適切な費用相場が知れます。少なくとも2社以上、可能なら3~4社に同じ条件で見積もりを依頼するようにしましょう。

チェック画像悪徳業者を見極めることができる

適切な相場が分かれば、優良な業者と悪い業者を見極めることも可能になります。

チェック画像最安値で工事が可能

複数の業者の費用と技術を比較し、一番良いと思われる業者を選ぶことができるでしょう。

多くの方が電化製品を購入する際には、さまざまメーカーの商品を比較することでしょう。それと同じように外壁塗装をする際には、それを行う業者を比較することはとても大切です。外壁塗装の相見積もりすれば、適切な費用相場が知れます。少なくとも2社以上、可能なら3~4社に同じ条件で見積もりを依頼するようにしましょう。少なすぎると比較する情報が足りませんし、多すぎると選択肢があり過ぎて悩んでしまうことでしょう。いずれにせよ相見積もりすることで相場を知ることができます。適切な相場が分かれば、優良な業者と悪い業者を見極めることも可能になります。

また各業者から説明を受けることで、外壁塗装工事の知識をさまざま観点から得ることもでき、それを依頼する際に生かせるようにもなります。同じ条件で複数の業者に見積もり依頼をしても、業者ごとに計算方法が異なるため費用に差があることでしょう。しかし、見積もり額が高い業者が悪い、ということは一概に言えません。その家の家財や外壁の劣化状況、使用している塗料などすべてを考慮した上で必要な経費を算出しています。また、使用する塗料により費用に差がでます。ですから、それらも踏まえた上で複数の業者の費用と技術を比較し、一番良いと思われる業者を選ぶことができるでしょう。

面倒でも複数の業者へ相見積もりを行い、納得のいく適切な価格で外壁塗装を行うようにしましょう。

役に立った外壁塗装見積もりサービスまとめ5選

外壁塗装の案内所

特徴

「外壁塗装の案内所」は、複数の業者に一括見積りが行えるオンラインのサイトです。そのため、わざわざ業者に赴くという手間なしで、好条件の地元の優良な業者を選び、工事を依頼することが可能となっています。外装塗装の案内所に加盟している業者は、厳しい基準をクリアした業者ばかりです。それに加え見積もりの依頼を受けた業者は、複数の業者と比較されることを知っているので良心的な価格で見積もってくるため、最安値の業者を選べます。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

・国内最大級の外装塗装のオンラインサイト
・断っても業者からの営業は一切なし!
・オンラインで24時間受付中

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
リショップナビ

特徴

「リショップナビ」は、厳格な加盟審査をクリアした優良なリフォーム業者を無料で紹介するサービスを提供しています。紹介する業者の工事のクオリティーの高さはすでに多くの方から評判を得ています。外装塗装にはおおよその価格が定まっていませんが、リショップナビを利用して複数の業者に一括見積もりをすることで、外装塗装に必要な費用相場が知れます。優良な業者を徹底的に比較することで、悪徳業者に騙されることや、工事が失敗だった・・ということを避けることができます。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

・たった30秒で見積もり依頼が完了できる!
・最大5社を紹介
・家のリフォーム・リノベーションも可能

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
ヌリカエ

特徴

「ヌリカエ」は、すでに470万人以上の方が利用している全国の外壁・屋根塗装の優良業者を紹介サービスをしている会社です。ヌリカエの公式ホームページからたったの10秒で無料見積もりが簡単に行えます。その後、外壁塗装の専門アドバイザーから電話があり、相談や質問などが無料で行え、それに基づいて複数の外壁塗装業者を紹介してくれます。フォームにはメールアドレスと電話番号以外の個人情報は必要とされていないので、匿名で見積りを行えるのもポイントです。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

・たったの10秒で無料見積もりが可能
・専門のアドバイザーに無料相談
・匿名見積もりがOK!

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
外壁塗装の匠

特徴

「外壁塗装の匠」は、24時間365日フリーダイヤルで、全国を対応エリアとして扱っている外壁塗装・リフォームの業者として、年間実績20万件以上という実績と経験を持っています。外壁塗装に関する相談は何でも無料で受けてくれるので、心配や不安を解消し安心して工事へと進むことができます。豊富な知識を持っているオペレーターの方は、とても親切でどんな相談にも応じてくれることで評判とてもよく、お客様満足度も高くなっています。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

・24時間365日受付に対応
・日本全国を対応エリア
・オペレーターが親切

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
外壁塗装の駆け込み寺

特徴

「外壁塗装の駆け込み寺」は、全国500社以上の優良外壁塗装業者を複数一括見積りをし、優良な業者を紹介してくれます。外壁や屋根のリフォーム料金が最大50%も安くなることもあるため、多くの方から選ばれています。加盟している業者は独自の基準をクリアした質の良い業者ばかりなので高品質で最安値の業者が選べます。また、最長10年の保証制度があるのも魅力のひとつとなっています。

使いやすさ
掲載情報量
総合評価

総評

・全国に500社以上
・最大50%オフになることも!
・最長10年の保証制度付き

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら

外壁塗装の見積もりを依頼するときのコツとやりがちなミスも紹介

外壁塗装を専門業者に依頼する際、欠かせないのが見積もりです。業者から受け取った見積書の内容を確かめることで、各工程にかかる費用や使用する塗料の種類・量などを把握することができます。

しかし、漫然と見積もりを依頼して契約するだけでは、満足できない結果で終わることも多いです。見積もりを最大限に活用するため、依頼するときに覚えておきたいコツをチェックしていきましょう。また、外壁塗装の依頼に慣れていない人がやりがちな見積もり時のミスについても紹介しますので、参考にしてみてください。

外壁塗装の見積もりを成功させるコツ

外壁塗装の見積もりを依頼する場合、意識しておくと役立つコツがいくつかあります。いずれも外壁塗装に関する専門的な知識なしですぐ実践できる方法ばかりです。ちょっとした手間をかけるだけで見積もりの内容が大きく変わることもあるので、ぜひ試してみてください。具体的なコツとしては以下のようなことが挙げられます。

驚く

見積もりを依頼する際に正確な予算を伝える

外壁塗装の見積もりを依頼する際は、正確な予算を伝えましょう。専門業者に安い見積もりを出してもらおうと予算を想定より低めに伝える人は結構多いですが、おすすめできません。低めの予算を伝えた場合に考えられるデメリットは以下の通りです。

・塗料のグレードが下がる可能性がある

予算が少ないと、業者が塗装に用いる塗料のグレードを下げて施工費用を調整する場合があるので注意が必要です。グレードの低い塗料は費用が安くなりますが、その分耐用年数は短めになってしまいます。耐用年数が短いということは、それだけ次に塗り直すタイミングも早くなってしまうということです。

塗り直すたびに足場代や高圧洗浄代はかかりますから、総合的な費用が高くなることがしばしばあります。コストパフォーマンスを考えるのであれば、耐用年数が長めで機能性にも優れたグレードの高い塗料を選んだ方が良いケースが多いです。現時点で外壁塗装にかけられるお金に余裕があるのであれば、正確な予算を伝えて適正価格の見積もりを出してもらった方が最終的にはお得になります。

・作業工程が省略される可能性がある

低めの予算に合わせるため、作業工程が省略・簡略化される可能性も考えられます。外壁塗装の品質に大きく関わる部分でなければ気にならないかもしれません。あなたにとって無駄と感じられる部分のコスト削減は、むしろ好ましいことです。しかし、悪質な業者の場合、塗装の回数を減らすなど、耐久性に影響のある工程を削って費用を抑えるケースがあります

施工の後、ある程度の期間が経過してから問題が発覚する場合も少なくありません。また、足場なしで作業を行って足場代を無料にする業者がいる点も気にかかるところです。確かに無足場工法という手法は存在しますが、職人さんの経験によっては作業の効率が下がる場合があります。しっかりとした環境で塗装を行ってもらうためにも、予算の出し渋りは避けましょう。

見積もりを依頼する際に重視している目的を伝える

見積もりを依頼する際に外壁塗装で重視している目的を伝えれば、希望に合致した見積もりを出してもらえる可能性が高まります。外壁塗装をする目的は、外観の維持や外壁の保護などさまざまです。あなたがどの点を重視しているのか、どの点では譲歩できるのかを伝えておけば、業者も限られた予算の中で適正な計画を立てやすくなります。外壁塗装における目的の優先順位をつけることで、塗料選びもスムーズになるはずです。

打ち合わせ

・塗装の色や艶についての希望を伝える

自宅の外観を綺麗にすることが外壁塗装の主な目的である場合、見積もり前に塗装の色や艶の度合いについて希望を伝えておくことをおすすめします。外壁塗装に用いる塗料はどの製品でも豊富なカラーバリエーションが用意されているわけではありません。配合している成分の種類によっては、濃い色が使えなかったり、艶消しタイプがなかったりする場合もあります。色見本や過去の施工事例などを活用して、あらかじめ具体的な塗装後の外観のイメージを伝えておきましょう。ただし見た目を重視する場合、その分耐久性が下がるなど機能面での不利益が生じる可能性があることに注意してください。

・塗装に希望する機能を伝える

自宅の外壁を保護することが塗装を依頼する主目的であるなら、見積もり前に希望する機能性を伝えておきましょう。外壁塗装に用いる塗料には単純な耐久性だけでなく、耐汚染や防藻・防カビ、遮熱・断熱などさまざまな機能面での違いがあります。雨水によって自然に汚れが落ちるセルフクリーニング機能を備えた製品も最近人気の塗料です。

重視する機能が分かっていればそれだけ適した塗料も選びやすくなります。正確に機能性を伝えることが難しくても、雨漏りを防ぎたい・汚れがつきにくいなどの具体的な要望であれば外壁塗装の初心者でも業者へ伝えやすいはずです。

見積もりを依頼する時期を考える

外壁塗装の見積もりをいつ依頼するかも意外と重要なポイントとなります。塗装に大きなヒビ割れがあるなど急を要する場合は別ですが、外壁塗装を行うのに適さない季節が存在するからです。見積もりを出してもらっていざ契約をするというとき、外壁塗装に適さない季節だとさまざまな問題が起こります。

見積もりだけ出してもらえば良いのではと考える方もいると思いますが、見積もりから時間が経過すると塗装を行う外壁の状況が変わり、再度見積もりが必要になる場合が多いです。また、見積もりのための調査にも時間が必要な点を考慮しましょう。

・梅雨の時期は避けよう

雨

梅雨の季節は外壁塗装に適しません。雨が降ることが多いので作業を行える日が限られ、工期が長くなってしまいがちだからです。また、塗料によっては湿度の高さが原因で本来の性能を発揮できないこともあります。塗料の臭いが消えにくい、窓を開けられず室内に湿気がこもりがちになるなど、塗装作業中の日常生活で不便を感じる点も気になるところです。施工が梅雨の時期になるタイミングで外壁塗装の見積もりを依頼することはなるべく避けましょう。

・冬の季節は避けよう

冬の季節も梅雨と同様、外壁塗装に適さない時期です。気温が低い環境では乾燥しにくくなる塗料が多く、作業にかかる時間が長くなってしまいます。寒い中での作業は単純に働く職人さんにとってつらいというデメリットもあります。さらに北国であれば、雪が降る可能性を考慮しなければなりません。その分見積もり価格が安くなることがありますが、年末に向けて外壁塗装する人も多いため逆に高くなってしまう場合も考えられます。住んでいる地域にもよるものの、基本的に冬期間に行う塗装の見積もりは避けておいた方が無難です。

・見積もり調査のためのスケジュールを確保する

外壁塗装の見積もりを出すには、外壁の状況を診断する調査の作業が必要となります。経過した年数が同じであったとしても、それぞれの家の置かれている状況によって行うべき工程・使用すべき塗料が変わってくるからです。調査の際には施工主が立ち会うことになるため、そのためのスケジュールを確保できるかが重要となります。外壁塗装業者のスケジュールとも都合を合わせる必要があるので、時間的に余裕のあるタイミングで依頼することがおすすめです。

外壁塗装の見積もりでやりがちなミス

外壁塗装の見積もりを依頼する際、意識せずにやりがちなミスというものも存在します。ちょっとした不都合で済むことも多いですが、場合によっては外壁塗装の完成度に大きな影響を与えることもあるので気を付けたいところです。具体的なミスとしては以下のようなことが挙げられます。

工事関係者

調査診断書をもらわない

外壁塗装の見積もりを出すには外壁の調査・診断が必要です。そのため、クラックの場所や下地の状態などを記載した調査診断書を作成することが基本となります。見積書のみを送ってくる業者もいますが、できるだけ調査診断書ももらうようにしてください。

・見積もりの内容をチェックしやすくなる

調査診断書があれば、見積もりの内容をチェックしやすくなります。不必要な工程を加えて費用をかさ増ししている場合や調査の結果判明した外壁の問題への対策が不十分な場合に見抜きやすくなるのは大きなメリットです。依頼する業者とは別の専門家に見積もりの内容が妥当かアドバイスをもらうときも、調査診断書があるのとないのとでは大きな差が出てきます。

・複数の業者の診断結果を比べられる

見積もりをとる際は複数の業者に依頼して比較する相見積もりがおすすめです。相見積もりをした上で各業者から調査診断書を受け取れば、費用だけでなく診断結果を比べることも可能となります。外壁のトラブルを見逃していないかどうかをチェックすることで、業者の信頼性を確かめる手助けとなるはずです。また、実際には存在しない問題を記載して施工費用を高く設定するような悪徳業者にも気付きやすくなります。

工期の長さをチェックしない

カレンダー

外壁塗装にかかる工期の長さをチェックしないことも見積書の確認時にやりがちなミスです。工期は短すぎても長すぎても問題が起きることがあるため、適正な長さかどうか注意を払う必要があります。かかる費用だけに注目して、工期をまったく見ずに契約することは厳禁です。

・工期が短い場合に起きる問題

工期は短ければ短いほど良いように思えますが、必ずしもそういうわけではありません。例えば、塗料には製品ごとに乾燥するまでの時間が設定されています。そのため、工期が短いと乾ききらないうちに上塗りを行ってしまう可能性が出てきます。乾燥が不十分な状態で塗装を重ねることは、外壁との密着性が損なわれ剥がれやすくなってしまうなどの点で大きな問題です。人件費を節約するため必要以上に工期を短くする業者もいるので、あまりに短期間の施工を提案された場合は問題がないかどうか詳しく確認しましょう。

・工期が長い場合に起きる問題

工期が長くなると人件費もそれだけ多くかかるので、外壁塗装にかかる費用がかさみがちです。余裕のあるスケジュールは大切ですが、長すぎると予算上の問題が出てきます。また、外壁塗装の際には養生のため、サッシなどにテープやビニールを貼る場合がほとんどです。塗装が完了するまでは窓を開けられない生活が続くため、工期が長すぎるとかなりの不便を感じることになります。天候などが理由で工期の長期化が想定される場合には、外壁塗装を行う時期をずらすことも検討しましょう。

必要以上に値下げを要求してしまう

必要以上に施工費用の値下げを要求してしまうことも、やってしまいがちな失敗です。できるだけ支払う費用を抑えたいという気持ちは分かりますが、度を過ぎると後悔する結果になりかねません。正確な予算を伝えるというコツの項目でも説明したとおり、値下げが外壁塗装の品質に影響を与える可能性があるからです。絶対に値下げをお願いしてはいけないわけではありませんが、常識的な範囲に留めるようにしてください。

・他社の見積もりを値下げの根拠にしてはいけない

複数の業者の見積書を比較していると、「この工程の費用さえ安ければ文句がないのに」と思うような状況に遭遇することがあります。このような場合、他社の見積もりを根拠に値下げを要求したくなりますが、やめておいた方が無難です。業者によって費用の算出方法は違いますし、得意としている分野も異なります。他の工程を割引することで費用全体のバランスをとっていることもあるので、無理な値下げを強いることになりかねません。仮に値下げに成功したとしても、外壁塗装の作業のどこかにしわ寄せが来る可能性が高いです。

見積もりの後で即決してしまう

NG

外壁塗装の見積もりを取った後、即決してしまうのは危険です。複数の業者の中で極めて安い見積もりがあると、どうしてもすぐ決めてしまいたくなってしまいます。しかし、金額だけにつられて慌てて契約すると、不満の残る結果になったり、悪質な業者に引っかかったりするリスクが高くなります。見積もりの後で即決するのではなく、業者を絞った上で施工事例や口コミ情報を確かめる作業を行いましょう。冷静に判断するためにもある程度の時間をかけることは大切です。

まとめ

外壁塗装の見積もりを成功させるためのコツとやりがちなミスについて紹介しました。結果に納得できる外壁塗装を実現するためにも、見積もりを依頼する際は意識してみてください。

一番おすすめなのは「外壁塗装の案内所」

チェックボタン画像「外壁塗装の案内所」は、国内最大級の外装塗装専門の一括見積もり老舗サイト

チェックボタン画像すべてのサービスを無料で利用することができるのは利用者には嬉しい魅力

チェックボタン画像クオリティーの高い工事を期待することができます

「外壁塗装の案内所」は、国内最大級の外装塗装専門の一括見積もり老舗サイトとして、すでに多くの方が利用しています。利用した方の89.6%が工事費用を抑えることができたため、利用者満足度は91%以上を獲得しています。外壁塗装の案内所にはさまざまな魅力がありますが、すべてのサービスを無料で利用することができるのは利用者には嬉しい魅力と言えるでしょう。

それには匿名での一括見積もり、優良な業者の選択、コンシェルジュへ質問や相談、見積もりをした業者への断りなどのサービスがあります。つまり、外壁塗装の案内所のコンシェルジュが業者との中間に入ることで、見積依頼、質問疑問、値引き交渉をすべて行ってくれます。外壁塗装の案内所に加盟している外壁塗装業者はすべて厳しい基準をクリアし、実際に利用した方へのアンケートで高評価を獲得した業者のみを紹介しているので、クオリティーの高い工事を期待することができます。中間マージンがとられるようなことは一切ありません。外壁塗装を検討している方は、まず外装塗装の案内所の公式ホームページをチェックしてみませんか?

クチコミ情報

体験談1

わが家が外装塗装の案内所を利用したのは、分かりやすくて正確な見積もりを提案していただけたからです。見積書や作業工程の説明は細かく記載されており、手抜きを絶対にされないと確認できたので依頼しました。どんな塗料を使用するかはもちろん、色も提案していただけて良かったです。

実際工事が始まってからは、職人さんの感じもよく、工事の工程ひとつひとつを丁寧に進めてくれたので順調に進みました。外観はとてもキレイな仕上がりになり満足しています。また、機会があればもう一度お世話になりたいくらい気に入りました。

体験談2

外壁塗装の案内所は信頼できる業者だけが登録されているとあったので、利用することに決めました。本当に利用して良かったと思います。一括見積もりをお願いしその中から1社選びましたが、見積もり依頼をした他の業者も対応がとてもよく予想以上に安価での見積書をどの業者も提案してくださりました。そのため、1社に絞るのはとても難しかったです。

しかし、外装塗装の案内所の担当者の方が、断りをしてくれたので助かりました。選んだ業者は評判通り工事はとても丁寧で、その技術の高さと丁寧な作業に感銘しました。当初予定していなかった部分の塗装もサービスで行っていただき感謝しています。仕上がりにとても満足しています。

壁の塗り替えの業者比較なら一括サイトが絶対おすすめ

最後になりましたが、壁の塗り替え業者をお探しなら一括見積サイトで業者を比較するのが絶対におすすめです。塗り替え業者を自分で探そうとすると、よほど外壁塗装の知識がなければ失敗して、最悪の場合悪質業者に高額な費用を請求されてしまうことも珍しくありません。とはいっても、見積もり比較サイトにも優良なところと、そうでないところがあるのも事実です。そこで、当サイトでは壁の塗り替え業者の比較が出来る優良サイトのみを厳選してご紹介しています。せっかくマイホームをキレイにするのであれば、絶対に成功させたいですよね。当サイトで紹介している見積もりサイトなら「安くて、丁寧で、高品質」な仕事が出来る業者ばかりが揃っています。是非活用してください。

 

TOP